勉強とは出来ない事を出来るようにすることです。

タイトルにもあるように、勉強とは出来ない事を出来るようにすることです。

練習や訓練も出来ない事を出来るようにする行動ですよね。遊びだってそうです。だからこれらは勉強の一部分とも言えます。

%e5%8b%89%e5%bc%b7%ef%bc%92

 

幼児にとって勉強とは「人が生活するための言葉と動作を覚える事」です。

ですから生きている事自体、その全てが勉強です。

 

小学生にとって勉強とは「日本人が日本で生活するために不自由しないように準備する事」です。

最も大切な事は「大人の言う事を聞いて行動できるようになる事」です。これを覚えてもらったら、子供が思春期を迎えた時にずいぶん苦労が減ります。

一例ですが学校の授業の中では算数が典型的です。足し算引き算掛け算割り算が出来ないと損をします。割合を理解出来ないと買い物の時に損をします。

遊びの中で安全と危険の区別が出来るようになるのも立派な勉強です。

この遊ぶ時間を減らして習い事で一日のスケジュールを満たすのが今の日本で経済的に余裕がある家庭のスタンダードです。

 

中学生にとって勉強とは「高校入試を通じて自分の努力の限界を知る事」です。

ここで小学生の時に大人の言う事を聞けるようになっていると、「自ら学ぶ力=学道」を養っていけます。

自分で努力し始めるという事は自分で物事を決められる準備が始まったと言えます。

言われた事しか出来ない役に立たない社会人にはなりにくいという事です。

努力の限界を知っていれば過労死の心配も、家庭崩壊の心配も低くすることが出来ます。

 

高校生にとって勉強とは「自分の得て不得手を知る事」です。

これは自分を知る事、個性を伸ばす事です。

今の日本では苦手なものを捨てられるのは高校に入学してからです。

高校入試で苦手を克服し、努力を惜しまない事を覚える人が多いから、世界中から称賛される国民となっているのです。

 

更に詳しい事についてはまた別の機会にお話しします。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

 

 

子供が頑張る姿勢を見せないのは親が原因?

塾に通わせたいと思った親の理由の中で一番多いのは「うちの子は全然勉強しない。」です。

これは皆さんが思っている通りです。

この言葉の中には「うちの子は何をしても頑張らない。」も、含まれていたりします。

 

1つ目の例です。

母 「勉強しないから成績が下がって。だからいつも怒ってるんです。」

私 「それは大変ですね。」

母 「私も仕事をしているでしょ。子供の相手ばかりしていられないんです。だから塾に任せたいと思っているんです。」

私 「今までもずっとそうだったんですか。」

母 「ええ。仕事をしているんで仕方がないんです。」

私 「・・・あの」

 

良くある例です。

仕事をしなければ日々の生活が送れないので、仕事をするなとは言えません。

仕事をしていらっしゃる場合、大抵の大人は、大人の都合に子供を合わせさせます。

「仕事だから仕方がない」と、言って。

でも子供にとって親の仕事は自分の都合に含まれません。

親の都合を理解してもらうためには一定の成長が必要です。

子供が自分の為に親が犠牲になった姿を理解して初めて、大人の都合を認めます。

自分を見てくれているんだという実感が必要なのです。

 

では続きです。

勉強をしない生徒には、勉強をさせられるようになるまで、およそ3つのハードルがあります。

1、人の言ったことがきちんと理解出来る。

2、遊ぶこと以外で単純な作業を毎日繰り返す事が出来る。

3、勉強する価値を理解する。

です。

%e8%a6%aa%e5%ad%90

 

1,2の段階では皆さんが思う「勉強」はほとんどしません。

正確には出来ないので強いる事をしません。

生徒は勉強するための前段階とは認識しない場合の方が多いです。

短い生徒で2週間、長い生徒では1年以上かかります。

やっと勉強の話が出来る段階になると、生徒は当然嫌がります。

嫌なので何かのタイミングで塾に行きたくないと言います。

だから親は辞めさせます。

母 「子供がもう行きたくないっていうので辞めさせます。」

と、言うのです。

ここまでの会話をもう一度見直してみて下さい。

母親の言葉の中に子供の様子に対して自分が責任を負うような表現がないのです。

未成年は誰かの世話にならないと生きていけないから未成年です。

その未成年を守るのが保護者の務めです。

その保護者が自分の役割を果していないなら、その保護下の未成年が思い通りに育つはずがありません。

私の「大変ですね。」や「・・・」は、これから来るであろう波瀾を予想しての事です。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

作文の書き方を塾で勉強する意義

作文が苦手だったり、作文を書くことを嫌がる生徒達はたくさんいます。

「自分の子供がそうだ。」「私がそうだ。」と、思った方は是非このブログを最後までお読み下さい。

必ず解決します。

 

作文は国語の勉強の集大成です。

作文を難しいと感じる原因は国語力の低下です。

国語とは日本語の事で、日本人のコミュニケーションの基本ツールです。

だから上手に使えるように練習しなければならない事はフェイスブックページでお話ししています。https://www.facebook.com/%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E3%81%8A%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-1719074065047465/

ではどうして練習しなければならないかというと、便利な道具がある世の中になったために日常生活の中で自然と訓練されていたことが出来なくなってきています。

杏林大学教授の金田一秀穂先生もこの事について語っています。http://sakubun.shopro.co.jp/001/

作文

 

小学校でも文章の書き方を教える時間がほとんど取れないのが現状です。

ご家庭でも教え方が分からなかったり、教える時間が取れなければ、作文を書けるようにはなりません。

月見学道では夏冬春休みに必ず作文指導の時間を設けています。

「何がどうした。」と、いう一文の書き方の基本から教え、起承転結に合わせた段落作りを意識させ、最終的には自分の言葉で自分の思った事を伝えられる文章が書けるように指導します。

さあ一緒にチャレンジしましょう。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

言い訳を許さない

言い訳を許さない事はご家庭で出来る簡単な指導です。

簡単ですが無意識のうちに許してしまっています。

 

何かを教えている時と、すぐ出来ない言い訳をする子供達がいます。

言い訳は既にそれを出来ないと思い込んでいるところから始まっています。

出来ない正当な理由を言って認めてもらおうとしているので、教えている時の話を聞いていません。

だからいつまでたっても出来るようになりません。

親に対してですらそうなら、学校でも推して知るべしです。

残念ながら学校ではそれを指導する時間が取れません。

これこそ各ご家庭で、ご両親が頑張るところです。

http://toyokeizai.net/articles/-/62959

上記リンクは幼少期の事を取り上げていますが、小学生も中学生も変わりません。

どうしたらいいか分かり難いようでしたら解説いたしますので、下のバナーをクリックしてお問い合せ下さい。

小学生に必要なご家庭での教育 プラス1

算数の筆算を間違えたりするので、ご両親が教えたりすると、

「学校の先生とやり方が違う。」と言われて、挫折したことはありませんか。

 

ここで2つ気にして下さい。

1つ目は、「やり方が違う」と言っているんですから、記憶しているんです。

間違いの原因は計算方法が分からないのではありません。

2つめは、「やり方が違う」と言っているんですから、説明させてみましょう。

大抵の場合、大人から見れば何も違わないので、学校と同じく教えられます。

 

この子供とのやり取りの時間こそが小学生に必要なものです。

学校や塾よりもご家庭での方がずっと効果があります。

私の教室ではご両親向けに「教え方」を教えています。

随時開催していますのでご興味がある方は下のバナーをクリックして下さい。

小学生に必要なご家庭での教育、3つの法則その3

昔は不便なことがいっぱいありました。

18時でスーパーや近くの商店が閉まる。

暖を取るためのストーブに薪や石炭、石油を入れる。

兄姉が弟妹の面倒を見る。

数えたらまだまだあります。

 

夕飯時に醤油が切れたから、近くの商店にお使いに行った記憶がある方もたくさんいらっしゃると思います。

いつもキッコーマンを使っていたのにヤマサを買ってきて怒られたり、安売りをしているものではなく通常金額のものを買ってきてまた怒られたり、散々だったでしょう。

もちろん私も同じです。

上手に買ってくるとお釣りがお駄賃になったりして、買い方がだんだん賢くなったものです。

 

今は便利な世の中です。

ご両親が忙しくてもスーパーが24時間開いています。

調理済みならガスも使わず「チーン」。

風呂だってボタン一つで入れます。

 

子供が苦労を重ねて知恵を養う機会がほとんどありません。

 

塾では学校のテストで100点を採らせるための勉強をする事は簡単です。

教科書準拠のワークを直前に解かせるだけで済む事です。

しかしこれでは勉強をさせられているだけで、何を学ぶかの意識付けが出来ていません。

このまま卒業すると高い確率で中学校の授業についていけなくなります。

 

ご家庭で養う時間を取れないなら、この「賢さ」を育ててくれる塾にこそ通わせましょう。

計算が出来るだけでは文章問題を読み取って解く力が付きません。

英語をしゃべられても、日本の事を知らなければ、外国人の興味を満たすことが出来ません。

これでは「賢くなった」とは言えません。

私の教室ではこの「賢さ」こそ大切にして指導しています。

指導方法その他の内容は全てオープンにしています。困っている方は是非ご相談して下さい。下のバナーをクリックしましょう。

 

 

小学生に必要なご家庭での教育、3つの法則その2

小学生は日々成長しています。

昨日出来なかったことが今日は出来たりもします。

人の成長は  身体 ⇒ 心 ⇒ 学力  の順で進みます。

身体は学年が違う生徒同士を見ると一目瞭然です。

生徒達と話をしていて、大人ときちんと話が出来るしっかりした子は成績も良いと感じた事があると思います。

これは成績が良いから出来るのではなく、きちんと話が出来るから成績も上がるのです。

このしつけはご家庭で行うのが一般的です。

祖父母等の親戚と会った時が一番の練習機会です。

まずはご両親がきちんと挨拶をして見本を見せましょう。

もし行きがけの車の中で 「今日はジジババから何をもらおうかな。」 なんて話をしていたとしたら、目も当てられません。

成長の度合いには個人差もあります。

きちんとご両親が見本を見せていたら、子供も必ず出来るようになります。大人は子供が出来るようになるまで、成長をじっと待つしかありません。

決して自分達の都合で子供の目標を決めないようにしましょう。

私の教室ではそのように指導していますので、「詰め込み」を希望している方には合わないかもしれません。

入塾するかしないかは関係なく何のご相談にも応じています。ご興味がありましたら、下のバナーをクリックして下さい。

具体例はまた別のカテゴリーでご紹介します。

小学生に必要なご家庭での教育、3つの法則その1

小学生はまだ一人では何も出来ない人達なので、「大人の言う事を聞く」事を覚え、少しずつ出来る事を増やす年齢です。

現代は大人も子供も忙しい生活を送っているので、各ご家庭で家族が会話する時間を取りにくいかもしれません。

一人っ子も多いので、ゲームしかする事が無いのもうなずけます。

「テレビばっかり、ゲームばっかりしていないで勉強しなさい。」と、言うセリフはどこのご家庭からでも聞こえます。

でもまだ一人では何も出来ない人達に、ご両親が留守中に勉強しなさいと言っても、生徒は何が勉強なのか、どうする事が勉強なのかが分かりません。

この年齢の人達にとっては何を経験しても勉強です。

小学生の成績はテストの点数では測れない人間総合力が最も大切です。

ご家庭で出来ないなら私の教室でその経験を積ませます。内容はすべてオープンにしていますのでご興味がございましたら下のバナーをクリックして下さい。

小学生で養った力は中学校の最初の学力テストで計る事が出来ます。それについては別の機会にお話しします。