湖陵高校を目指す生徒、湖陵高校に在籍している生徒、湖陵高校を卒業した方達が読んで下さい。

釧路に住んでいて湖陵高校に入学するのはそれだけで特別だという事を釧路の人達はもちろん湖陵生達にも自覚がありません。

何が特別なのか例を挙げると、

1.小中学校の授業内容は完全に理解している。

※ここで満点を取れていないから完全ではないと思ったら、その求めているクオリティーの高さが既に特別です。

2.何かのカテゴリーで1番になった事がある。

※委員会活動の委員長でも生徒会の書記でも、友達と遊んでいる時に何をするか決める役だったとしてもこれに該当します。クラスで聞いてみて下さい。「生徒会やっていた人?」と。たぶんほとんどの人が手を上げます。

3.教えるのが上手。

※これは下手な人もいます。

4.何をしても覚えるのが早い≒授業中に習った事はその時に出来て当たり前。

※個人差はありますが概ね人より優れているはずです。

 

細かければまだまだ挙げられますが、これらに該当する事が特別で、他の人達よりも優れている事だと自覚している人はたぶんいないでしょう。

これらは他の高校に行ったら十分特別に優秀な人になるのです。

 

ではどうして自覚がないのか?

それは湖陵生にとって普通の事だからです。

これは皆さんにとって大きな損失です。

他人と比べて特別な事が普通だと思って強みだと思っていないのです。

 

何かに成功する人は自分の強みを自覚しています。

だからその事について努力し結果を出せます。

湖陵生が「自分が頭が良い。」と、自覚できなかったら、自分の強みを捨てた事と同じです。

 

原因は簡単です。

同じ湖陵の生徒と比べるからです。

ナショナルチームに選ばれたサッカー選手は他のJリーガーより優秀だからですよね。

湖陵に入学するという事はそう言う事です。

勝つためにナショナルチーム内で競争しません。

他国のチームと競争するのです。

 

日本人の美徳である「謙遜」は使うところを間違えたら自分の可能性も潰してしまいます。

 

ここからが本題です。

皆さんイメージして下さい。

湖陵生が「出来た」と、言うのは完璧な時なので、勉強していて「出来た」と、言い続けられたら、進学する大学は最低北大以上です。

だから北大以上に合格するには何でも「出来た」と、言える状況になれば良いのです。

この時出来ない事が残ったら釧教大です。

これが湖陵生のポテンシャルです。

自分達を低く見積もっては行けません。

 

でも現実は違いますよね。

理由は高校のカリキュラムの基礎の出来具合の差です。

 

センター試験で8割取れれば受験する大学はずいぶん選択出来ます。

センター試験は基本問題ですよね。

小中の基礎は完璧に出来た人達が湖陵生なのです。

基礎が大事だという事は既に知っているのです。

それなら高校の勉強を一からやり直しましょう。

 

当教室が導入しているネット教材「すらら」はセンター試験8割獲得に対応している教材です。

高校の範囲を

英語は93時間

数学は133時間

国語は現代文だけですが46時間

で終了します。

英数の合計が226時間ですから3年生からでも十分間に合う時間数です。

 

勉強を時間数だけで計れないのは知っています。

でも時間数で計れるなら、皆さんの学習計画はとても簡単に組めるでしょう。

「参考書1冊を半年で終わらせるには1日2ページずつ進まなくてはならない。」と、計画するのとなんら変わらないのです。

難しいページならいつもより時間がかかるかもしれませんよね。

でも予め目安の時間が分かっていれば予定が大きくずれる事もありません。

 

タイトルでどうして湖陵の生徒だけ読んで下さいと言っているか。

釧路では湖陵の生徒しかこれを「簡単」だと思ってくれないからです。

 

人はイメージした事しか行動出来ません。

簡単だとイメージ出来たら、北大に合格するのも、そう難しいものでもないのです。

その為に簡単に基礎の勉強を仕直せる「すらら」を使ってみませんか。

 

「すらら」をすららネットに直接申し込んだら8,000円/月です。

当教室に申し込んだら10,000円/月です。

2,000円の差は普段の勉強の仕方や、将来の夢に向かってどのような進路を取ったらいいかをアドバイスする指導料です。

湖陵生にとって、このアドバイスこそ最も必要な事であり、ここでしか得られない情報です。

2,000円の価値の根拠は、私の高校時代の成績です。

私の湖陵卒業時の学年順位は397位/400人です。

この私が自分で「すらら」を使って勉強していて、「学生時代にあったら人生も変わっていた。」と、思っているのです。

学生時代にこの成績で塾を経営出来ているのです。

これこそが価値の証明です。

アドバイスを受けたければ教室に来て下さい。

必要なければ家でネットにつなげて勉強して下さい。

 

本の参考書なら1冊3,000円、予備校に通うなら年間何十万円。

高いと思うか安いと思うか、判断基準は

「センター試験が8割取れた先にある大学の合格が皆さんの未来にどれだけプラスになるか。」

です。

その為の最も簡単に使える教材です。

最も役に立つアドバイスです。

 

 

費用対効果は資本主義の世の常です。

価値があると思った方は教室にお問い合せ下さい。