月見学道とは釧路の学習塾です。 その5

私の教室がある釧路市鳥取大通は国道38号線沿いの交通量の多い場所です。

少し北に向かうと「昭和」という大きな住宅地があります。

釧路の中でも大きな住宅地ですから、この地域に住んでいる私の教室の生徒達もたくさんいます。

最近様々な事件が多発しているところで、男子でも夜に一人で歩かせるのは不安に思う方もいるでしょう。

そこから自転車で通う生徒達もいるので、注意を促す事を怠りません。

 

塾は学校ではありません。

教え方や教える内容は様々です。

私の教室では入試対策だけではなく、社会人になった時に力になるような話題は積極的にしています。

学校で、時には家庭では出来ない事こそ塾で教えるべきです。

 

近くの地域に心配な場所があるので、変質者の気持ちなど、心理学的な観点から生徒に話すこともあります。

その時に難しい言葉を使っても心に残らないので、一般に使われている平易な言葉を使うようにしています。

 

普段から有り得る女子への例です。

私   「女の子は中学生なら立派なレディーなんだから、自分だって襲われるかもしれない心配は常にしていなさい。」

生徒 「え~。私なんて襲われる訳ないでしょ。」

私  「変態さんにはね、いろいろな種類があるの。見せたがる人達は悲鳴を上げてくれる人が良いんだから大人の女の人より中学生が良いの。」

生徒 「大人の女ってなあに。」

私  「男の人の体を知っている人。」

生徒 「???」

私  「見慣れていたら驚かないでしょ。中学生の女子なら経験がないと思っているから悲鳴を上げてくれると考えているんだわ。だったらかわいいかどうかは関係ないでしょ。」

生徒 「うわ。」

私  「だからこの変態さんにとって女子中学生は良いお客さんなの。」

生徒 「気をつけるわ。」

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e4%b8%ad%e7%94%9f

 

何でも誰かが助けてくれる場合、自然と使っている言葉が媚を売っている事があります。

それはキャバクラなどのお姉様達が必死に身に付けているスキルでもあります。

それをナチュラルに持っていたら、何かの拍子に接待の経験をして、自分に合っていると思ってその道を選ぶ様な時が来るかもしれません。

その時は相当の覚悟の上で選択しなければなりません。

 

生徒 「私が困っていたら大抵誰かが助けてくれるんだよね。」

私  「仁徳ってやつだな。」

生徒 「なんか、『やって』っていったら先生もしてくれるの。」

私  「ん?何か他にしてないかい。」

生徒 「え~『にこっ』ってするかな。」

私  「それね、夜のお姉様達がお客にするサービスに似てると思うのよ。もし自然にしているならキャバクラなんてあなたの天職かもしれない。」

生徒 「だったらキャバ嬢になれば良い?」

私  「いいかい。スナックで働いていてテレビ局の内定を取り消された人がいたでしょ。世の大人達にはスナックもキャバクラもデリヘルも同じ位に考えている人もいるの。誤解もされ易い。だから軽々しく考えちゃダメなんだよ。」

生徒 「デリヘルも同じなの?」

私  「同じです。」

生徒 「じゃあやめた。」

私  「皆が親切にしてくれるっていう事は皆に好かれているってことなのよ。だから皆に好かれる事で成り立つ仕事に就きなさい。」

生徒 「何があるの。」

私  「何でも。アイドルだって、交通課の婦警だって、会社の受付だって、商社の営業マンだって、先生だって。人と向き合う仕事なら何でも。」

生徒 「分かった。」

私  「本当に分かってくれた?(ちょっと不安)」

 

この生徒は「デリヘル」で気がついてくれました。

学校ではなかなか使い難い言葉ですが一般社会、特にネット内には氾濫しています。

 

 

何でも人の言いなりになる生徒の場合、「優しい心」と「何も考えていない」の区別が難しく、それは女子にとっては「騙され易い」と、結びつく可能性もあります。

そのような生徒がいた場合は、

私  「何でもしてあげるのは良いけど、みんなが良い人とは限らないんだぞ。騙されてAVビデオに出演しちゃったって人達がいるだろ。」

生徒 「・・・」

私  「なぁ、直ぐに反応できないっていうのは騙される可能性が高いんだぞ。頼むからAVに出ないでくれな。」

生徒 「出ませんよ。」

私  「そうか、出たら買ってやるからな、連絡しなよ。」

生徒 「・・・」

私  「気持ち悪いだろ。」

生徒 「キモい~!!」

私  「だから出たらだめなんだぞ。騙されないようにするんだぞ。」

生徒 「出ないから!!」

 

AVも学校では使えません。

でも日常生活の中にも氾濫している言葉です。

最初にも話しましたが塾は学校ではありません。

教えている内容に不満があれば私の教室を選択しなければいいのです。

私は全て正しいと思って行動し、教えていますが見直しも常にしなければなりません。

ここで選択肢は2つ。

 

1、未成年にふさわしくない言葉なので聞かせないようにする。

2、そのうち見聞きするようになるので、嫌悪感があるうちに良し悪しを伝える。

 

私は特別なことが無い限り、相手が中学生なら2を選びます。

 

3、その他の選択をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。

これからの参考にします。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。