海外在住または日本に住む帰国子女向け 国語・日本語教室

帰国子女は有利?不利?

子供時代に2か国以上で生活する事は、誰にでも出来る事ではないので、それはとても貴重な経験です。そのチャンスがあるなら積極的にさせましょう。

その後に予想されるメリットは容易に想像出来ると思います。しかしそのメリットの大きさに夢も希望も大きく乗せて期待するので、隠れているデメリットに気が付かない事が多々あります。6つの項目に分けましたので気になる所をチェックしてみて下さい。お子様の困り事が見えて来る筈です。

お気付きになったと思いますが、海外生活の経験が丸ごと有利になる事は在りません。不利になる事を補って初めて大きなアドバンテージになります。

その不利になる部分を補うのが当教室の授業です。日本国内外問わず、オンラインでも授業を行います。国語を大事にし、オンライン授業にも精通し、海外に住んでいる日本人生徒の授業で蓄積した経験を生かしている当教室だからこそ、帰国の如何に関わらず、目的に応じた授業内容を提供出来ます。

授業について

授業方法はZoom等を使ったマンツーマンのオンライン授業を基本とします。
使う教材は生徒の実情に合わせて選択します。
授業内容は文節を並べ替えて自然と日本語の文法を身に付ける練習に最も力を入れています。
海外在住の場合、時差対応します。
スケジュール管理やログイン等の準備は保護者の助けが必要になる事が多いですので、ご協力の程よろしくお願いします。

入塾料 16,500円
授業料 5,500円/1時間 週1回以上
教材費 授業内容により異なります。
お支払方法 口座振込、クレジットカード

国語・日本語に関わる海外在住の困り事

Reading and writing

誰もが困る鉄板中の鉄板で、漢字が持つ意味まで教えるのは至難の業ですが、実はそこが一番大事です。
日本語には3種類の文字があり、必要に応じて外国語のアルファベットも使います。「作る」「造る」「創る」「つくる」「メイク」「made」日本語では全て意味が違います。使い分けるには言葉に含まれている意味を教える授業をしないといけませんが、それ以前に子供がその漢字を書けなくては始まりません。
これらを教える時間と手間を普段の生活の中に組み込む苦労をするより、そこは専門家に任せて、読み書き出来るようになった子供と一緒に本を読んで楽しい時間を過ごしませんか。

漢字の読み書き
Japanese vocabulary
日本語の語彙力

年齢や環境によって子供の成長過程が大きく変わるので一概には言えませんが、子供達が新しく覚える言葉はご家庭での日本語からではなく外で使っているその国の言語です。普段のご家庭での会話を思い出して下さい。思っているより使っている単語が少ない事に気が付くはずです。
外で覚えた言葉は日本語に直せない事も良くあります。その内兄弟同士の会話は日本語以外になっていく事もあります。それもあまりにも普段通りの事なので一緒に住んでいると気が付きません。
「日本に戻ってくる」あるいは「海外で日本語を武器に生きていく」としても、日本の風習の経験がなければ「七夕」も「お月見」も知らない言葉になり、武器としての日本語も少し弱くなります。昔話を読んでもつまらないかもしれませんので、寓話から古人の教えも受け取れないでしょう。

How to use Japanese

  「明日は一緒に買い物に行くからね」


息子 「僕は嫌だ。明日はテニスをしたいんだ。だから買い物はあさってで良いと思う。」


  「明後日は仕事なのよ。だから明日行きましょう。」


息子 「絶対にイヤだって。僕はあさってが良い。明日は友達とテニスなの。」

この会話を読むと駄々っ子がお母さんを困らせていますよね。
でも英語なら各々の都合を言い合って予定を合わせているだけです。
この親子に尋ねたら、二人とも言い争いをしているとは思っていなかったそうです。
お母様は指摘されてハッとしたそうです。

日本語で話していても使い方が英語なら、日本に帰ってきてから他人ともめる原因になることは必至です。

Composition

日本語は「犬」と言う名詞に「は」「が」「を」「と」「に」の様な助詞がつながり「犬は」「犬が」「犬を」「犬と」「犬に」と言う文節になる事で意味がほぼ確定します。この文節までが出来上がると、文節同士の並びに多少の違いがあっても受け取り手には大体意味が通じます。子供の言葉が足りなくても、適当に羅列されていてもお母さんに通じるのはその為です。誰にでも通じる言葉を使えるようにするに育てるには、子供がしゃべり終わるまで根気良く待つことが大事です。

作文はその後の勉強なので、まずは講師と話す事から始め、当教室では文節の並べ替えを練習させることで日本語の文法をなんとなく分かってもらい、日本語力、作文力を鍛えます。この方法は実際に海外在住の小学生に教えて効果があったものです。発達障がいを持っている子供にも高い効果があります。

作文
Knowledge of traditional customs
日本の伝統的習慣の知識

宗教の違いにも起因しますが国毎に年越しの習慣が違う様に、海外では日常生活の様々な場面で様式の違いに悩まされます。大人はそれを意識しますが子供は自然に受け入れます。言葉を使うと言う事はその国の習慣を身に付ける事で、日本語を習得すると言う事は日本での生活を習得する事でもあります。
「日本語の語彙力」の欄でも取り上げましたが、日本に住んでいれば自然と身につく習慣も海外では経験していない可能性があるので、その部分は意識して補わなければなりません。 そこが「使えるバイリンガル」になれるかどうかの分かれ道です。

Japanese, English test

国語のテスト

学校や入試で行われる国語のテストこそ一番の悩みだと思います。でも前述した項目が解決していればほとんど心配要りません。小学生は自分が思った事を書けるかどうか、中学生は設問に対して客観的に答えられるかどうかを問われていますので、そこを全部まとめて「教えるプロ」にお任せ下さい。

国語のテスト

英語のテスト

「えっ」と思われるでしょう。海外で会話が出来る事と、日本で英語のテストが出来る事は別です。もちろん長文読解で困る事はありませんが文法知識を問われた時に答えられないのです。
私達が日本語を話すときに文法を意識していないように、子供達も意識していません。だからテストで文法を聞かれたら答えられません。私達も国語で日本語の文法の問題が出てきたら知識を覚えていないと解けないのと同じです。

英語のテスト

TOP