小学生に必要なご家庭での教育 プラス1

算数の筆算を間違えたりするので、ご両親が教えたりすると、

「学校の先生とやり方が違う。」と言われて、挫折したことはありませんか。

 

ここで2つ気にして下さい。

1つ目は、「やり方が違う」と言っているんですから、記憶しているんです。

間違いの原因は計算方法が分からないのではありません。

2つめは、「やり方が違う」と言っているんですから、説明させてみましょう。

大抵の場合、大人から見れば何も違わないので、学校と同じく教えられます。

 

この子供とのやり取りの時間こそが小学生に必要なものです。

学校や塾よりもご家庭での方がずっと効果があります。

私の教室ではご両親向けに「教え方」を教えています。

随時開催していますのでご興味がある方は下のバナーをクリックして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。