国語力の大切さ

ある中1の生徒がズボンにどろぼう(衣類にくっ付く草の種)をたくさん付けて教室に入ってきました。

中3生が

「取ってから入ってこい」

と、外にこの少年を連れていきました。

2人が教室に帰ってきたので私はこの中1生に

「なんで注意されたか分かったかい?」

と、尋ねるとこの中1生、

「草むらに入ったらダメだってこと。」

と、答え、中3生をがっかりさせていました。

 

2017年9月10日に元なでしこジャパンの丸山選手が「しくじり先生」に出演していました。

正にこの中1生と同じです。

日本語は何となく使えるようになるものではありません。

意識して鍛えましょう。

月見学道は国語の指導に力を入れている教室です。

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

心のけじめ

2017年7月18日

生前大変お世話になった方の葬儀に参列しました。

知っている方でしたら、「一緒に楽器吹いていたんだね。」と、言って下さります。

でも私が「その方」と知り合ったのは仕事での場面が先で、音楽はその後です。

だから私にとってはお客様であり、仕事を教えてくれた人でもあります。

 

20年以上前、私は社会人なり立てで、会社で営業職をしていました。

理化学と言う業界で、実験で使う機器や器具、試薬を販売していました。

阿寒町を担当していた私はマリモを研究している学芸員の方の所によく訪問していました。

その学芸員から、「観光課で仕事があるから事務所に行って来るといいよ。」と、勧められました。

マリモの研究自体は教育委員会の予算ですが、マリモは阿寒町の観光資源なので、特に阿寒湖畔では大切にされています。

「その方」とは当時の阿寒町役場の阿寒湖畔支所で出会いました。

一人前とはとても言えない私の仕事ぶりでしたので、役場での仕事の仕方と、阿寒湖でのマリモの大切さをたくさん教えてくれました。

 

仕事の内容は、阿寒湖の島にあるマリモ展示観察センターの水槽をレイアウトする水草のバックヤード(飼育水槽)を作るという事でした。

学生時代に閉鎖型水槽の水ろ過(水を継ぎ足さず、排水もせず循環させて使い続ける)の研究をしていたので、私にとっては勉強したこと全てを注ぎ込める仕事でした。

学芸員と「その方」とを行ったり来たりして打ち合わせしながら、私が設計し、何とか受注し、無事に工事も終わりました。

普段は200円のビーカー、300円の塩酸を売る仕事でしたが、この仕事の売り上げは700万円。会社でも表彰されました。

管理を担当していた職員の方が退職したのを機に、使われなくなってしまったのが残念でしたが、入社2年目で、自分の専門知識を生かし、自分が思った通りの仕事が出来た幸運は「その方」のおかげだと今でも思っています。

 

当時私は中学時代の恩師が指揮を振る吹奏楽団でテューバを吹いていました。

そのコンサートが終わった後の打ち上げの席に「その方」がいらっしゃったのです。

「その方」はサックスを吹いていました。

吹奏楽に詳しい方ならお判りだと思いますが、合奏で座る位置はサックスが前でテューバが後ろです。

お互いの顔はほとんど確認出来ません。

加えて「その方」は昔は団員だったそうですが、その頃はサポートメンバーになっていて、当日のリハーサルくらいからしか合流しません。

打ち上げの席で挨拶しに行くと、

「あれ、なんで居るの?今一緒に吹いていたのかい?そう、教え子だったのかい。なんだもっと早く言ってくれたら良かったのに。」

私だって知っていればもっと早くに話していました。

 

バックヤードが完成した後の話です。

 

その後、この展示観察センターに気象観測装置を付けたり、阿寒国際ツルセンターが出来る時に関わったり、出来た後もお世話になったり、私が阿寒を担当している間、ずっとお世話になっていました。

 

私が会社を退職した後も、よくお会いしていましたが、体調を崩したと聞いてからは容体を心配するくらいしか出来ませんでした。

 

私の現在の仕事上、お通夜に参列する事は難しので、顔見知りと故人をしのぶことは出来ませんでした。

 

両親が健在な私は、生きる事に対して少し緩い所もあります。

「その方」には今の私の姿を見てもらう事はついに出来ませんでしたが、恥ずかしくない仕事をしていこうと、心にけじめをつけて帰って来ました。

ロボットプログラミング教室開講しました。

皆さんは小さい時に積み木で遊んだ経験はありますか?

四角や三角の積み木を重ねていくとお城にも橋にもなり、完成した姿を見て満足するだけでなく、作る作業そのものが楽しかったはずです。

そんな人達はその内ブロックでも遊ぶ様になったと思います。

ブロックは一つずつのパーツが複雑になり、よりリアルなもの、イメージ通りのものが作れるようになります。

私も高校生になっても遊んでいました。

車や飛行機を作った時は「これが動いたらいいのに。」と、何度も思ったものです。

そんな昔描いた夢が可能になりました!!

当教室では子供向けにロボット教室を開講しています。

毎週土日に体験講習が出来ます。

要予約ですのでお問い合わせはこちらからお願いします。http://tsukimigakudo.com/contact.html

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

 

 

勉強とは出来ない事を出来るようにすることです。

タイトルにもあるように、勉強とは出来ない事を出来るようにすることです。

練習や訓練も出来ない事を出来るようにする行動ですよね。遊びだってそうです。だからこれらは勉強の一部分とも言えます。

%e5%8b%89%e5%bc%b7%ef%bc%92

 

幼児にとって勉強とは「人が生活するための言葉と動作を覚える事」です。

ですから生きている事自体、その全てが勉強です。

 

小学生にとって勉強とは「日本人が日本で生活するために不自由しないように準備する事」です。

最も大切な事は「大人の言う事を聞いて行動できるようになる事」です。これを覚えてもらったら、子供が思春期を迎えた時にずいぶん苦労が減ります。

一例ですが学校の授業の中では算数が典型的です。足し算引き算掛け算割り算が出来ないと損をします。割合を理解出来ないと買い物の時に損をします。

遊びの中で安全と危険の区別が出来るようになるのも立派な勉強です。

この遊ぶ時間を減らして習い事で一日のスケジュールを満たすのが今の日本で経済的に余裕がある家庭のスタンダードです。

 

中学生にとって勉強とは「高校入試を通じて自分の努力の限界を知る事」です。

ここで小学生の時に大人の言う事を聞けるようになっていると、「自ら学ぶ力=学道」を養っていけます。

自分で努力し始めるという事は自分で物事を決められる準備が始まったと言えます。

言われた事しか出来ない役に立たない社会人にはなりにくいという事です。

努力の限界を知っていれば過労死の心配も、家庭崩壊の心配も低くすることが出来ます。

 

高校生にとって勉強とは「自分の得て不得手を知る事」です。

これは自分を知る事、個性を伸ばす事です。

今の日本では苦手なものを捨てられるのは高校に入学してからです。

高校入試で苦手を克服し、努力を惜しまない事を覚える人が多いから、世界中から称賛される国民となっているのです。

 

更に詳しい事についてはまた別の機会にお話しします。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

 

 

2020年大学入試改革 2016年秋

2020年の大学入試改革(2016年度で中2以下の生徒)では各教科に記述式の問題が大幅に導入されます。

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e8%a9%a6%e9%a8%93

 

2016年10月に行われた小学生(6年)の全国学力テストと、8月に北海道で行われた中1生に出題された学力テストで、算数と数学の問題の中に言葉で答える記述式問題が出題されました。

過去には見た事のないものです。

定期テストで出るような用語の穴埋めではなく、「この数式はどのような意味をあらわしているのか。」を説明するのです。

 

 

当教室もそれに伴うカリキュラムとして2015年冬から夏冬春休みにに作文教室を開いていましたが、いよいよ現実味を帯びてきました。

 

2020年以降の学習指導要領にも含まれていく可能性もあり、小学生の問題にも出てきたという事は高校入試にも変化が出てくると容易に予想がつきます。

 

大学入試を考えている生徒だけではなく、現在小学生の生徒の高校受験には作文力を要求されるようになってくるでしょう。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

子供が頑張る姿勢を見せないのは親が原因?

塾に通わせたいと思った親の理由の中で一番多いのは「うちの子は全然勉強しない。」です。

これは皆さんが思っている通りです。

この言葉の中には「うちの子は何をしても頑張らない。」も、含まれていたりします。

 

1つ目の例です。

母 「勉強しないから成績が下がって。だからいつも怒ってるんです。」

私 「それは大変ですね。」

母 「私も仕事をしているでしょ。子供の相手ばかりしていられないんです。だから塾に任せたいと思っているんです。」

私 「今までもずっとそうだったんですか。」

母 「ええ。仕事をしているんで仕方がないんです。」

私 「・・・あの」

 

良くある例です。

仕事をしなければ日々の生活が送れないので、仕事をするなとは言えません。

仕事をしていらっしゃる場合、大抵の大人は、大人の都合に子供を合わせさせます。

「仕事だから仕方がない」と、言って。

でも子供にとって親の仕事は自分の都合に含まれません。

親の都合を理解してもらうためには一定の成長が必要です。

子供が自分の為に親が犠牲になった姿を理解して初めて、大人の都合を認めます。

自分を見てくれているんだという実感が必要なのです。

 

では続きです。

勉強をしない生徒には、勉強をさせられるようになるまで、およそ3つのハードルがあります。

1、人の言ったことがきちんと理解出来る。

2、遊ぶこと以外で単純な作業を毎日繰り返す事が出来る。

3、勉強する価値を理解する。

です。

%e8%a6%aa%e5%ad%90

 

1,2の段階では皆さんが思う「勉強」はほとんどしません。

正確には出来ないので強いる事をしません。

生徒は勉強するための前段階とは認識しない場合の方が多いです。

短い生徒で2週間、長い生徒では1年以上かかります。

やっと勉強の話が出来る段階になると、生徒は当然嫌がります。

嫌なので何かのタイミングで塾に行きたくないと言います。

だから親は辞めさせます。

母 「子供がもう行きたくないっていうので辞めさせます。」

と、言うのです。

ここまでの会話をもう一度見直してみて下さい。

母親の言葉の中に子供の様子に対して自分が責任を負うような表現がないのです。

未成年は誰かの世話にならないと生きていけないから未成年です。

その未成年を守るのが保護者の務めです。

その保護者が自分の役割を果していないなら、その保護下の未成年が思い通りに育つはずがありません。

私の「大変ですね。」や「・・・」は、これから来るであろう波瀾を予想しての事です。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

月見学道とは釧路の学習塾です。 その5

私の教室がある釧路市鳥取大通は国道38号線沿いの交通量の多い場所です。

少し北に向かうと「昭和」という大きな住宅地があります。

釧路の中でも大きな住宅地ですから、この地域に住んでいる私の教室の生徒達もたくさんいます。

最近様々な事件が多発しているところで、男子でも夜に一人で歩かせるのは不安に思う方もいるでしょう。

そこから自転車で通う生徒達もいるので、注意を促す事を怠りません。

 

塾は学校ではありません。

教え方や教える内容は様々です。

私の教室では入試対策だけではなく、社会人になった時に力になるような話題は積極的にしています。

学校で、時には家庭では出来ない事こそ塾で教えるべきです。

 

近くの地域に心配な場所があるので、変質者の気持ちなど、心理学的な観点から生徒に話すこともあります。

その時に難しい言葉を使っても心に残らないので、一般に使われている平易な言葉を使うようにしています。

 

普段から有り得る女子への例です。

私   「女の子は中学生なら立派なレディーなんだから、自分だって襲われるかもしれない心配は常にしていなさい。」

生徒 「え~。私なんて襲われる訳ないでしょ。」

私  「変態さんにはね、いろいろな種類があるの。見せたがる人達は悲鳴を上げてくれる人が良いんだから大人の女の人より中学生が良いの。」

生徒 「大人の女ってなあに。」

私  「男の人の体を知っている人。」

生徒 「???」

私  「見慣れていたら驚かないでしょ。中学生の女子なら経験がないと思っているから悲鳴を上げてくれると考えているんだわ。だったらかわいいかどうかは関係ないでしょ。」

生徒 「うわ。」

私  「だからこの変態さんにとって女子中学生は良いお客さんなの。」

生徒 「気をつけるわ。」

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e4%b8%ad%e7%94%9f

 

何でも誰かが助けてくれる場合、自然と使っている言葉が媚を売っている事があります。

それはキャバクラなどのお姉様達が必死に身に付けているスキルでもあります。

それをナチュラルに持っていたら、何かの拍子に接待の経験をして、自分に合っていると思ってその道を選ぶ様な時が来るかもしれません。

その時は相当の覚悟の上で選択しなければなりません。

 

生徒 「私が困っていたら大抵誰かが助けてくれるんだよね。」

私  「仁徳ってやつだな。」

生徒 「なんか、『やって』っていったら先生もしてくれるの。」

私  「ん?何か他にしてないかい。」

生徒 「え~『にこっ』ってするかな。」

私  「それね、夜のお姉様達がお客にするサービスに似てると思うのよ。もし自然にしているならキャバクラなんてあなたの天職かもしれない。」

生徒 「だったらキャバ嬢になれば良い?」

私  「いいかい。スナックで働いていてテレビ局の内定を取り消された人がいたでしょ。世の大人達にはスナックもキャバクラもデリヘルも同じ位に考えている人もいるの。誤解もされ易い。だから軽々しく考えちゃダメなんだよ。」

生徒 「デリヘルも同じなの?」

私  「同じです。」

生徒 「じゃあやめた。」

私  「皆が親切にしてくれるっていう事は皆に好かれているってことなのよ。だから皆に好かれる事で成り立つ仕事に就きなさい。」

生徒 「何があるの。」

私  「何でも。アイドルだって、交通課の婦警だって、会社の受付だって、商社の営業マンだって、先生だって。人と向き合う仕事なら何でも。」

生徒 「分かった。」

私  「本当に分かってくれた?(ちょっと不安)」

 

この生徒は「デリヘル」で気がついてくれました。

学校ではなかなか使い難い言葉ですが一般社会、特にネット内には氾濫しています。

 

 

何でも人の言いなりになる生徒の場合、「優しい心」と「何も考えていない」の区別が難しく、それは女子にとっては「騙され易い」と、結びつく可能性もあります。

そのような生徒がいた場合は、

私  「何でもしてあげるのは良いけど、みんなが良い人とは限らないんだぞ。騙されてAVビデオに出演しちゃったって人達がいるだろ。」

生徒 「・・・」

私  「なぁ、直ぐに反応できないっていうのは騙される可能性が高いんだぞ。頼むからAVに出ないでくれな。」

生徒 「出ませんよ。」

私  「そうか、出たら買ってやるからな、連絡しなよ。」

生徒 「・・・」

私  「気持ち悪いだろ。」

生徒 「キモい~!!」

私  「だから出たらだめなんだぞ。騙されないようにするんだぞ。」

生徒 「出ないから!!」

 

AVも学校では使えません。

でも日常生活の中にも氾濫している言葉です。

最初にも話しましたが塾は学校ではありません。

教えている内容に不満があれば私の教室を選択しなければいいのです。

私は全て正しいと思って行動し、教えていますが見直しも常にしなければなりません。

ここで選択肢は2つ。

 

1、未成年にふさわしくない言葉なので聞かせないようにする。

2、そのうち見聞きするようになるので、嫌悪感があるうちに良し悪しを伝える。

 

私は特別なことが無い限り、相手が中学生なら2を選びます。

 

3、その他の選択をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。

これからの参考にします。

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

 

壁を越えた生徒達13

彼女は当教室の代表的な「ビリギャル」です。

彼女が越えた壁はたくさんあります。

上記HPに模式図を載せています。

HPに詳しく載せましたのでこちらをご覧下さい。

http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/biri1.html

ビリギャル①

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。

シリーズ 塾の利用の仕方 春夏冬の講習会編

大抵の学習塾には長期休みに入ると講習会が設定されています。

目的はそれぞれの塾で違いますが大体は皆さんが想像する通り期毎の生徒募集です。

惰性になりがちな授業を休みに合わせて変化させ、リフレッシュ効果も期待するでしょう。

居眠り写真

 

私の教室「月見学道」では学校の授業時間こそ一番の勉強時間だと指導しています。

http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/blog/?paged=2&cat=16

普段は個別指導タイプですが(http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/blog/?p=206)集団授業を行わないと学校の授業を聞けているかどうかを判断できません。

それを春夏冬の講習会「学活」で確認しています。

塾

 

勉強する時間を確保しなければならない生徒の為に15日間の通い放題も設けています。

どちらも「月見学道」の指導コンセプトに準じたものです。

 

講習会は何を身に付けたいかによって選択します。

成績が良いタイプの生徒の場合、「理科の天気が分からない」「数学の関数が分からない」など、部分的な勉強をする為なら講習会ほど便利なものはありません。

しかし、成績が悪いタイプで、「英語が全然わからない」「小学生の算数がわからないまま」さらには「勉強の仕方がわからない」など、生活習慣を含めた改善を必要とする目的だった場合は違ってきます。

「学校の勉強についていけない」「毎日勉強する習慣をつけたい」「勉強の仕方が分からない」などは生活習慣を改善する事です。

15日間で足りますか?

「英語が全然わからない」「数学が全然わからない」などは勉強時間の確保をしなければなりません。学校の授業時間で足りなかったのですからそれに匹敵する時間数が必要になります。

15日間で足りますか?

どちらも継続して学力になっていきます。

15日間を継続と呼びますか?

講習会が無駄とは言いません。

利用の仕方をもう一度考えてみて下さい。

 

子供の将来を家庭の経済力で制限してはなりません。

それさえも協力してくれる塾があるはずです。

 

講習会についてはこちらをご覧下さい。

講習会授業料 http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/winter-school.html

 

時間割 http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/winterr-timetable.html

 

2020年は東京オリンピックだけではありません。大学入試改革があります。高校入試にも影響する大切な事です。2002年生まれ以降のお子様がいらっしゃる方には必見です。

こちらをご覧下さい。http://tsukimigakudo.sakura.ne.jp/blog/?p=500

 

 

もっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリックして下さい。ご両親対象の教え方セミナーも随時開催しています。入塾如何に関わらずお気軽にお問い合せ下さい。どのような内容でも対応致します。